ああ正負の法則

  • 2012.06.19 Tuesday
  • 22:36
JUGEMテーマ:読書感想文
 ああ正負の法則 [単行本]
美輪 明宏 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4891946458/ref=nosim/?tag=donzoko-22



 



 これだったんだ!考え方のコツ。

あいさつや返事など、仕事以前の基本から、

仕事の定番入力作業、書類整理、引き取り客対応にいたるまで、

気になりだすときりがない同僚たちの癖、反抗、依頼心などなど。


「人を見たときに、魔界族と天界族とを瞬時に見分ける」

というこの本のフレーズが浮かんできた。

すると、まあ、ゲームの中にいるみたいで面白い。

はは、魔界から出張していたのね、この人・・・なんてね。



考え方一つでこんなに気楽になれるものなのか!




 とっておきの平等論にも大きくうなずいた。

「努力しない人も平等になどと、そんなバカなことはありません」

努力はつまり、「負」の先払いというわけですわねえ。

「“じっと手を見る”ではいけない」

人一倍働く、我慢をする、<負>を背負ってこそ乗り越えられる。


そう思えば、全ては自業自得かと、対策も浮かんでくる。



 毎日使える。


何度でも気軽に思考をどんでん返しして、あっという間に

どうすればいいのか浮かぶようになる。

本当に、わかりやすくて気がきいてる。



ツケをためるくらいなら、先払いで鼻歌歌っていたいわ。

なんて、ちょっとだけフフフ〜ン♪




 料理だって人生だって、簡単でおいしくって、シャレっ気があって

しかも現実的に生き生きとしていたほうがいい。

美輪さんはまるで料理上手な素敵な奥様のように、あっという間に

人生をおいしくして盛り付けて見せてくださる。



そうそう、私たちはそれぞれが旬の素材、個性的な野草。


雨<負>もほどほどに、太陽<正>もほどほどに。



 「色は波動」「鏡花の主人公に学ぶ」「シンデレラはかわいそう」

これらの真意を忘れないように手帳にメモしましたよ。


そして幸田文さんのこと。

たくさんの方を例にひも解いて<正>と<負>を教えて下さるが、

私にはやはり、この方の例が一番心にスッと入ってきた。


しかし、リアルで会話しているんだものなあ、美輪さんと幸田文さん。


すごすぎ。



 みなさん、負は後払いになさいます?それとも先払い?













◎ごめんあっさぁ〜〜〜せ、100冊読破のすすめ。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000279358/index.html




スポンサーサイト

  • 2018.04.24 Tuesday
  • 22:36
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM